印刷の種類

PRINT TYPE

デジタル印刷とオフセット印刷の違いや、
弊社が対応可能な製本の種類をご紹介します。


デジタル印刷

デジタル印刷の最大の特徴は、印刷用の版が無いという点です。
製版の必要がないため、オフセット印刷に比べて工程が少ないので、少量の印刷であれば低コスト短納期での印刷物に向いている印刷方法です。
また、印刷用の版が無い利点として、一部ずつ印刷物の内容を変えるバリアブル印刷が可能なため、多彩な印刷方法の提案が可能です。

【特徴】

  • 印刷用の版が必要ないため仕上がりが早い
  • 小ロット、短納期の印刷に向いている
  • バリアブル印刷(可変印刷)が可能

オフセット印刷

オフセット印刷は、書籍や商業印刷など非常に幅広い分野で使用されている印刷方式です。
紙の素材やサイズの選択肢が多く、精密な色合わせや発色など細かい調整が可能なため、色を重視する場合はオフセット印刷の方が向いています。印刷用の版を必要とするため、印刷までの時間とコストが掛りますが、大量ロットの印刷の場合では、1枚当たりの単価が非常に低くなり、印刷スピードも速いです。

【特徴】

  • 納期に余裕がある場合に向いている
  • 大量ロットの印刷に向いている
  • 小ロット印刷の場合1枚単価が高い

製本方法

中綴じ

二つ折にした紙の折目の部分を針金で留めます。耐久性を求められない週刊誌などに用いられています。背にあたる部分がないので、背文字は入れられません。用紙の厚みの関係で、ページ数の多いものには向いていません。


サイズ:
本文ページ数:
冊数:

用途例

取扱説明書・議案書・パンフレット・ハンドブック

くるみ(アジロ・無線綴じ)

糸や針金を使わないで、本の背を糊で固めて綴じます。丈夫で長持ちします。本文をページ順に並べ、綴じる部分に接着剤を塗り、表紙でくるみます。見返しをつけることも可能です。


サイズ:
本文ページ数:
冊数:

用途例

会議資料・会報・公報 ○○○○○○